うつ病チェックすれば早期治療に繋がる【高校生でも利用】

お子様は病識が少ないです

男性

学校や人間関係の悩み

思春期の高校生は、ほとんどの人が初潮や精通などを経験しており、体も大きく変化する時期です。学校でも勉強が大変になってきたり、友人や教師との関係に悩んでいたり、就職や進学などの進路の悩みなども出てきます。うつ病は10代から、60代以降の年代まで、誰でも罹る可能性がある病気です。精神的なストレスを強く感じていたり、親しい友人が引っ越したり、両親の離婚などの環境の変化があると、高校生もうつ病を発症する可能性があります。意欲や気力が低下して成績が下がったり、昼夜が逆転してしまったり、学校に行くのを嫌がるなどの症状が見られます。お子様の場合は病気の自覚が乏しいことが多いため、両親や祖父母が変化に気付いたら、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診させて、うつ病チェックを受けることが大事です。問診やカウンセリングを行ったり、家族の話を聞くことでうつ病チェックを行い、複数の項目が当てはまる場合は病気を診断されることが多いです。比較的症状が軽い場合は通学をしながら、通院治療が受けられます。朝は気分が優れず、学校に行くのを嫌がったり、日常生活に支障が出ている場合は、一時的に休学をしてストレス環境から離れる必要があります。早い段階で治療を受けることで、回復を速める効果があります。高校生の場合は憂鬱な気分が長く続いたり、社交的で明るい性格のお子様でも、外出をするのを嫌がったり、友人と話をしたり、会うのを避けるようになります。以前の日本に比べると、インターネットが普及していたり、交友関係も複雑になっており、高校生のお子様も精神的なストレスを感じやすくなっています。両親の離婚や親との死別などを経験すると、一時的に大きなストレスが掛かってしまい、うつ病を発症することもあります。お子様が孤独感や不安を強く感じている場合は、時間を掛けて話を聞いてあげることも大事です。精神神経科の病院やクリニック、心療内科などではうつ病チェックが受けられるので、本人が嫌がる場合でも説得をして受診させる必要があります。爪噛みや頭髪を抜く、リストカットなどの自傷行為をしている場合は、お子様からのSOSのサインなので、緊急に対応が必要になってきます。精神神経科の病院やクリニックでは、うつ病チェックをしてから、必要な場合は内服薬を処方してくれます。お子様の場合でも抗うつ剤や抗不安薬などは、大変有効なので根気よく続けることが大事です。自宅でゆっくりと養生ができる環境が整っていない場合は、一時的に入院の治療を勧められることもあります。

Copyright© 2018 うつ病チェックすれば早期治療に繋がる【高校生でも利用】 All Rights Reserved.